本日はフライタイイングをやっていこうと思います。

スポンサーリンク

まずフライタイイングとはなんぞや?

僕も全然理解していないのですが。。(^_^;)
とりあえず、毛バリを作ることだと思ってもらえれば、合っているかと。
毛バリ=疑似餌ですね。

前回の渓流釣りでたくさん川虫を採取しに行っていたかと思います。
山奥に川虫採取
山奥に川虫採取

これが面倒なわけですよ。
そして、この川虫に似た毛バリは売っていないんです。
なので、作ることにしました!

まずは道具が必要なので、買ってきます。

フライタイイングって高いんじゃないの?

本当におっしゃる通り!高いです!
そこを安くするべく、紹介していきますね。
フライタイイング基礎セット
フライタイイング基礎セット
・ハリ
・ハリを固定するやつ
・糸
・糸を使う道具
・接着剤
・作ったやつを入れるケース

合計3931円

100円ショップでいろいろ
100円ショップでいろいろ8点
合計:864円

トータル:4795円

通常は10000円~だと思われる。

Amazon調べ

SUNRISE(サンライズ) ロイヤルコーチマン ツールキット

これが一番安いセット。
これに作る素材が必要なので、+3000~5000円といったところでしょうか。

僕が安いのには理由がある。

それは土台がないこと。。。(^_^;)
本当はこんな感じで使うセットなんです↓
フライタイイング 土台(万力式)
フライタイイング 土台(万力式)
↑こんな感じですでに土台を持っているか、もしくは固定できるデスクなどがある人用のバイス(ハリを固定する道具)なんです。

もちろん、僕は持っていません!!(笑)
ということで、バイス固定するスタンドを100円ショップで簡単自作していきます!

バイススタンド自作

初めに言っておきますね!(笑)
僕のモットーは機能重視!見た目や価格は二の次です。
このブログで紹介されているものは僕が現時点で思う最高の方法を記載しています!!

では、自作スタート!(かけ声するほどのものでもないんですが(笑))
100円ショップで何か壁にかける木製のやつ
100円ショップで何か壁にかける木製のやつ(笑)
→ これを買おうと決めていたわけじゃないです。フィーリングですかね(笑)

後ろに金具がついている
後ろに金具がついている

不要なので後ろの金具を外す
不要なので後ろの金具を外す

後ろの板も邪魔なので壊して外す
後ろの板も邪魔なので壊して外す

すででは綺麗に外れないと思うので、コレを使う。

マキタ 充電式ドライバドリル 12V バッテリー2個付き M655DWX

先日の記事にも書いたやつ。
何か自作を始めようと思うのであれば、工具はあった方が良い。
→ 時間の節約。そしてこれはめちゃ安い!!

バイスの形を確認
バイスの形を確認

穴をギリギリもしくはかためで開ける
穴をギリギリもしくはかためで開ける

バイスを突っ込む!
バイスを突っ込む!

重心がバイス側に偏っているので、反対側に残りをつける
重心がバイス側に偏っているので、反対側に残りをつける。

これでスタンド完成!

スポンサーリンク

それでは早速フライを作っていく!

まずは糸を通します。
糸を通す
糸を通す
→ この糸はミシンの糸とちょっと違う。柔らかい感じで出来ています。
まあ、ミシンの糸でも問題ないと僕は思いますがね。

ハリを準備する
ハリを準備する

ハリをセットする
ハリをセットする

沈むように鉛をセットする
沈むように鉛をセットする
→ これもかなり邪道だと思います。
僕が使う毛バリは和竿で使う予定であって、フライロッドで使う予定ではないです。
いや、フライロッドとリール高いですしね(笑)
そもそも、そんなロッド振れるような場所でやらないので。へたくそと言われればそれまでですが。。(^_^;)

100円ショップで買った色んな色の毛糸
100円ショップで買った色んな色の毛糸
→ これもかなり邪道だと思います(笑)

通常はこういったものを購入します。

FLY-RITE,INC(フライライトインク) フライライト 33オレンジサルファー

↓毛糸をばらした状態
毛糸をばらした状態
→ 先ほどの商品と何が違うのが僕にはわからない。。
100円ショップで大量に購入できるこの素材と1個500円くらいする少量のこれとで。。

はい、どんどん進めていいきます。
オレンジの毛糸を巻き巻き♪
オレンジの毛糸を巻き巻き♪

次に黄色の毛糸を準備♪
次に黄色の毛糸を準備♪

黄色の毛糸巻き巻き♪
黄色の毛糸巻き巻き♪

黒の毛糸を準備♪
黒の毛糸を準備♪

黒の毛糸巻き巻き♪
黒の毛糸巻き巻き♪

はい、完成!
はい、完成!
15年ぶりくらいに作った(笑)

続きまして、違うフライを作ります。

家にいるインコの羽毛を利用(笑)
家にいるインコの羽毛を利用(笑)

今度はグレーの毛糸を巻き巻きしました!
今度はグレーの毛糸を巻き巻きしました!
→ 同じように中には鉛がしこんであります。

そして、羽毛をつけて巻き巻き♪
そして、羽毛をつけて巻き巻き♪

完成!なかなか上出来ではないか?
完成!なかなか上出来ではないか?


良かったので、別のアングルからも(笑)

そうそう、最後はほどけないように接着剤で固めよう!
そうそう、最後はほどけないように接着剤で固めよう!

スポンサーリンク

今回のフライタイイングで言いたいこと

釣れれば、いいんです!

あのね、相手にしているのは魚ですから。
高いとか、安いとか、良い素材とか、そんなのは関係ないんです。
釣れるか、釣れないか、これだけです。

正直、竿だって、木の棒でもいいんですよ。

大阪に住んで、アマゴ釣りをしてみて思いました。
都会では渓流釣りは高い位置に属する趣味なんだな。。と。

行くまでに時間もかかるし、機会もそんなにつくれるわけじゃないのでね。
でも、釣れればOKじゃないですかね?

と今回フライタイイングを通して、思うわけですよ。
次回、これを使って釣りをしてきますので、証拠をみせてあげましょう!!(笑)

ではでは、お楽しみに♪