北海道胆振東部地震、二日後のレポートです。

スポンサーリンク

一部、電気が復旧した

僕が住んでいるところはすぐに復旧したんですが、他はまだまだらしい。
聞くところによると、病院周辺が先に電気がはやくついたとかで。
ラッキーでした!

なぜ、レポートが2日後かというと。
地震の次の日は間違いなく、込み合うにきまっているから。

それでも、全体的な復旧になるまでは食料を確保しなくてはならないということで。
母とスーパーに来ました。

スーパーの状況。
スーパーの中身がほぼ空っぽ
スーパーの中身がほぼ空っぽ

特にカップめんやねりもの、冷凍食品など、すぐ出来るもの中心に無くなっている。
これを見て何を感じますか?

僕はですね、、笑いがこみ上げて来てしまうんですよ(笑)
アウトドアをしているからかもしれませんが、一般の方は本当に何もできないんだなと思ってしまう。

冬場なら、ちょっと話は変わってきますが、9月という時期で電気が止まっただけでこの騒ぎ。
正直、僕は食料なら、とりに行けば解決しますので。

僕らが買った食糧
・パスタ
・そば
・飲み物
・小麦粉

これだけあれば、十分です。
余裕で1か月以上は過ごせます。

それから、このガソリンスタンドへの行列です。
立ち寄ったコンビニからの写真
立ち寄ったコンビニからの写真

いやね、気持ちはわかるんですが。。
こう、なんて言うんですかね、僕から見ると滑稽なわけですよ。

普段から、何も考えていない人たちがそこに集中しているだなと感じます。
中には必ず、必要な方もいるかとは思いますが。

日本人特有の
「みんながやっているから」

これぞ日本人だなと思いますね。
良い面もあるのですが、悪い面もありますよね。

こういった場面では良いのか悪いのか。
ただはっきりしているのは通常ではしない、思考回路のもと動いている。
いや、動かされているのではないかと思うと面白くて笑いがこみ上げてくるのです。

「正義は多数決に有り」

これが正義なのでしょうね。