金利を本気でネットで調べてみた

「ディーラー」と「ローン会社」はグルであることがわかった。
こんな言い方をすると、悪い気がしますが、実際にそうです。

どのようにグルなのか?
まず、ディーラーからローン会社にローンを組むとディーラーにバックがあるらしい。
つまり、車の利益ではなく、ローンを組む利益でやっている会社が多々あるということ。

スポンサーリンク

ディーラーがやられて困ること。

まず、120回でローンを組みたいと申しでる。
→ 金利が高くなる。(ディーラー:儲かるぞ~と思っています)

色々と値引き交渉、オプションなど多々言ってみる。
→ 120回払いといっているので、かなり通りやすくなっていると思います。
ディーラーはローンで儲けるつもりでいるので、あまり痛くない。もちろん演技はしてきますよ。

最終落ち着いた段階で、一括で払うと言ってください。
ディーラー:「!!!!、ちょっと待って下さい!!」

となります。
120回払いの金利で儲けるつもりだったので、とっても困ります。
ですが、ローンで儲けてるので、無理ですとは言えません。

値引きやオプションサービス後の一括支払いは困るわけです。
なので、基本的に現金一括支払いより、車をローンで買ってくれる人を望んでいます。

こんなことがわかるとディーラーローンを組みたくなくなります。
そこで、マイカーローンについて調べてみた!

スポンサーリンク

マイカーローン

まず、先に言っておきます!
勤続年数5年以上の人は必ず、このマイカーローンを使ってください!
過去に何かやらかしていない限り、通ります!

今回、僕が通ったマイカーローンは金利2.8%です!!
圧倒的に安い!!

仮審査が通った!
———≪マイカーローンの審査結果・ご利用条件≫————-

審査結果> お引受けさせていただきます
ご融資金利> 年2.80% 【固定金利】
ご融資金額>  150万円(内ボーナス元本 万円)
ご返済回数>  84回 (ボーナス月)
ご利用条件>  自動車注文書(売買契約書)の注文者(買主)は
       「ローンご契約者ご本人さま」の名義でお願いします。
審査有効期限> 審査結果の連絡を差し上げてから90日以内となります。
契約時の必要書類> 申込書とあわせて下記書類のご提出をお願いいたします。
         ※”他社ローンからの借換”のお申込の場合はご送付いたします
          「申込書送付のご案内」にて必要書類をご確認ください。

■弊社から送付し、ご返送いただく書類
 ・ローン申込書
 ・外国PEPsに関する申告書
■お客様にご用意いただく書類
 ・印鑑証明書(原本1通)
 ・源泉徴収票(前年度分の写し1部)
  ※審査時に源泉徴収票の代わりとして「確定申告書」や「給与明細書」等、
   提出を依頼していましたお客さまにつきましては、そちらの写しをご送付ください。
 ・ご購入になるお車の注文書または売買契約書(写し1部)

————————————————————–

120万くらいで良かったのだが、念のため多めに申請しておいた。

さあ、書類を揃えて契約しに行くぞ~!!