僕が思うアウトドア基準

【単独行動をする & 獣にしか合わない場所】
→ 他人の力を借りれない状況がアウトドア

この条件で車を探していきます!

スポンサーリンク


車の大きさを決める

まず、ラウンドクルーザーやJEEPみたいな大きな車は無しです。
【北海道の林道】
北海道アウトドア小道林道
(↑クリックで画像拡大)

ここを大型車で行く自信ありますか?
「この先、崩れていかも?木が倒れているかも。。」

そんなことを考えると、必然的にUターンを考えますよね。。
その時Uターン出来る場所があるのか?

台風や雨が降った後は片側がこんな状況が多々あります。
【北海道の林道-崖】
北海道アウトドア道崩れ
(↑クリックで画像拡大)

1人で行動することが多い、アウトドア人にとってはリスクは出来るだけ避けたいものです。
それが乗っている自動車の車種によって回避出来るものなら、回避したいですよね。

これで1つ決まりましたね!

第一条件 : 小型自動車であること

というわけで、僕は軽自動車にしました。

車種を決める

次にどんな軽自動車にするか。。

その次に考えたのが燃費です、単にケチっているわけではない。
・・お金が少なくて嬉しいけど。。(笑)

【何かある前提で!】

「何か」これは想像力にお任せします。
あなたが良くいく、行こうと予定している場所を想像してみて下さい。

・近くにガソリンスタンドがない。
・暗くなって、道がわからなくなった。
・車がハマった、または雪道で動けなくなった。
・タイヤがパンクした

などなど。

明るい時間帯にやれば、うまくいくことはたくさんあります。
そう考えると少しでもヤバいと思ったら、車中泊をすることをオススメします。
北海道アウトドア車中泊
(↑クリックで画像拡大)

その時の時期にもよりますが、冷暖房を使うことになりそうです。
そうなると、必然的にガソリンが消費されるわけです。

また、翌日に問題が解決したとして、帰る分のガソリンがありますか?
そこは電波が届く場所ですか?

その何かの対策をしておくべきでしょう!
最良の選択が「燃費」なわけですね。

第二条件 : 燃費が良いこと

スポンサーリンク


車中泊が快適な軽自動車

先ほども触れましたが、「車中泊」これは最強の武器です!
どんな場面で「車中泊」を活用するのか?

・朝早く○○をしたい。 → 前日から現場に泊まる。
・長距離移動の手段。 → 無理に長時間運転する必要なし。
・単純にホテル代がもったいない。 → 泊まれる環境が整っていれば問題なし。

などなど。

利用用途はたくさんあります。
それが可能な軽自動車を見つける!

第三条件 : 車中泊に優れていること

条件に見合う車はこれだっ!

北海道アウトドア用ハスラー

というわけで、ハスラーにすることにしました!
小型良し!燃費良し!車中泊良し!

早速、色んな会社に見積り依頼を出していきまーす!